+95-1−382−660

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年10月27日 基本情報

ミャンマーの治安について

パトカー

要点

1.主な犯罪について
2.防犯対策

1.主な犯罪について

・窃盗(スリ、置き引き)
ダウンタウンのショッピングセンター内や電車、バスなどの混雑する場所ではスリの被害が頻繁に発生しています。またバッグや携帯など貴重品をテーブルやいすの上に置いておくと少し目を離した隙に持ち去られるなどの被害も多発していますので注意が必要です。
ヤンゴンエリアでは,外国人はお金持ちとのイメージがあり,特に日本人にはその印象が強く、犯行が見つかっても諦め易いことが知られています。貴重品は常に身に付けるようにして手元から離さないようにしましょう。
・タクシードライバーによる強盗
タクシー運転手の中には,車内に刃物などの凶器を護身用として所持しているドライバーもいます。降車時に料金等でトラブルになっても大きな声を出したり,相手を誹謗中傷したりするような行為は避けてください。また乗り合いですでに他の客を乗せているタクシーは仲間の可能性もある為、避けて下さい。

2.防犯対策

ミャンマーでは傷害や窃盗など多種多様な犯罪が発生しており,時には大きな被害に遭うこともあります。以下、注意点対策になります。

  • ・夜間の単独乗車,酔っ払っての乗車は避ける。
  • ・ドライバーの真後ろに乗車する。
  • ・車内から家族等に対して「現在乗車中である旨」連絡する(掛けているふりでも良い)。
  • ・他の客や運転手の「友達・家族」と称する者が乗っているタクシーには乗車しない。
  • ・また,他の客を拾わせない。
  • ・未登録のタクシーには乗車しない。
  • ・夜間や早朝等,人通りの少ない時間帯には,特に女性一人でのタクシー利用や一人歩きは避けてください。
  • ・不審者や不審物がないかなど,絶えず自分の周囲に注意を払ってください。
  • ・飲酒時等,ミャンマー人と不用意な言葉等で口論にならないよう気をつけましょう。特に宗教・民族に関する発言には注意してください。
  • ・考え方や生活習慣の違いでトラブルに発展するケースがしばしばありますが,ミャンマー人が不快に思うような言動は避ける必要があります。興奮して大声で怒鳴ったために警察沙汰になったり,相手が日本語を話さないので日本語で独り言のように相手を誹謗中傷したら近くに日本語を解する者がいて周りにいたミャンマー人に取り囲まれたりすることなどがあります。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+95-1−382−660

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21ミャンマーでは日本人のお客様を中心にヤンゴンで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらミャンマー人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。