+95-1−382−660

(日本語)受付時間
[現地時間] 9:00~18:00

駐在生活情報

2016年10月27日 日常生活

ミャンマーの食生活

ナプキンとフォークナイフのテーブルセッティング

要点

1.ミャンマーの食文化
2.ミャンマーの食事事情

1.ミャンマーの食文化

ミャンマーの食事の主食はインディカ米で、肉料理、野菜、スープがつくのがミャンマーの家庭で出る基本料理です。

ミャンマーはインドと中国に隣り合っており、食事も各国の特徴を併せ持っています。味が濃く、脂っこいのが特徴です。また、ミャンマーの醤油は魚醤を使っているため、独特の臭みがあります。お腹が弱い方は注意が必要です。また、水道水は飲むことができません。必ずペットボトルの水を飲むようにしましょう。

ミャンマーの食事事情

ミャンマーで食べられる基本の料理は、油が大量に使われており、辛味があるものを中心としたビルマ料理です。モヒンガーと呼ばれる米から作った麺はミャンマーの朝ご飯として有名です。

そのほかにも、魚料理が中心となるビルマ料理よりもさっぱりした味付けが特徴となるシャン料理が有名です。また、日常的に日本でも食べることができるような中華、インド、タイ、イタリア、フランス、日本、韓国料理等、さまざまな国籍の料理が食べられています。

ヤンゴン市内での日本食レストランは年々増えてきており、現在はヤンゴン市内だけでも約100店舗あり、そのほとんどが日本人経営のレストランです。実際に現地スタッフが日本の大手チェーン店でビールと夕食を食事したところ、日本円に換算して約1200円でした。値段も日本より少し安いくらいです。お店には欧米系のお客さんもいることから、日本料理が世界中に浸透しつつあることが伺えます。

レストランで出てくる洗い立ての食器、フォークやスプーンは、一度ティッシュなどで拭いてから使いましょう。少しの水滴でも十分お腹を壊す要因になり得ます。

一覧ページに戻る

お気軽にお問い合わせください。

+95-1−382−660

(日本語)受付時間[現地時間] 9:00~18:00

Leopalace21ミャンマーでは日本人のお客様を中心にヤンゴンで賃貸、不動産紹介を行っております。弊社が選りすぐりのコンドミニアム、サービスアパートメントを中心にニーズと条件を合わせたお部屋をご紹介しており、日本のノウハウを活かし海外生活で大切な安心の住環境をご提供致します。
また、弊社は日本人は当然ながらミャンマー人スタッフも全員日本語堪能のため、ことばの心配もございません。お気軽にお問い合わせくださいませ。